新潟海洋とは

校長より

校長からのメッセージ

 本校の歴史は、明治31年(1898年)に地域の熱い期待を担って地元の尋常高等小学校で「水産」の授業が開始されたことに遡ります。その後、明治32年に「能生町立水産補習学校」として開校し、平成5年に「能生水産高等学校」から「海洋高等学校」へと校名を改称して大きく生まれ変わっています。不断前進の気概をもって今年度創立119年を迎え、国や県からの事業採択を受けながら学習環境整備を進め、「地方創生に挑戦する学校」として校訓「質実剛健」「進取力行」「水産報国」の具現化を教育方針としています。本校生徒は水産科として入学して広く水産・海洋に関する学習をした後、2年生から水産資源科(資源育成コース・食品科学コース)、海洋開発科(海洋技術コース・海洋創造コース)の2学科・4コースで高度な学習に挑んでいます。実習船「海洋丸」「くびき」、潜水プール棟、臨海栽培実習棟、食品科学実習棟、海洋工学実習棟など国内屈指の恵まれた施設設備を有し、タブレット端末を活用して情報化社会にかなうICT教育にも力を入れています。これらの教育環境を活用した専門教育は、地域はもとより全国でも先進的な水産・海洋教育の拠点としての役割を果たしているものと自負しています。
 特に、平成27年度から始まった、本校生徒による地域水産資源を活用した水産加工販売業「シーフードカンパニー能水商店」では、今日的な食品産業の実際を学ぶために海外にて販路を開拓中であり、グローバル教育の実践をとおして、高校生が地域活性化に貢献し産業界に革新を起こすことができる中核的専門人材養成をしています。
 このような地域産業と一体となった学習環境のある本校で学び、海洋立国の一端を担うスペシャリストを目指してみませんか。

 本ホームページは、本校の特色や教育内容、生徒の学校生活などを広く皆様に知っていただくことを目的に開設しております。現在の海洋高校生の活躍ぶりをご覧いただき、ご声援をいただければ幸いです。また、ご意見やご感想をお寄せくださるようお願いし、あいさつとさせていただきます。

久保田 郁夫 校長

 


  • いじめ防止基本方針(PDF)



校訓

  • 質実剛健
  • 進取力行
  • 水産報国
校訓

教育目標

教育目標

特色ある学校づくり

特色ある学校づくり

T 校長として目指している学校像

〜 校訓を具現し、水産・海洋系専門高校として果たすべき役割の自覚と実践 〜

質実剛健   進取力行   水産報国

  • 「海の教育力」を活かし、「海を愛し、海に学び、海と生きる」 強くたくましい豊かな人間性を育成する。 【質実剛健】
  • 全国の水産・海洋系高校とのネットワークを活用し、情報の共有化を推進し、水産・海洋教育に関わる研究を充実、発展させる。 【進取力行】
  • 水産・海洋における専門的技能を養い、地域・我が国の発展に貢献できる有為な人材を育成する。 【水産報国】


〈具体的方針〉

  • 1 生命と人権を尊重し、生徒心得を真摯に実行する生活習慣の確立
  • 2 水産海洋に関するすべての学問領域の授業および基礎実習をとおした学力と技能の向上、資格取得の奨励推進
  • 3 産学官協働教育を推進し、望ましい職業観・勤労観を醸成し、目的意識を高めるキャリア教育の充実を図り、社会において有為な人材を育成
  • 4 地域に根ざし、地域との連携を深め、地域から信頼され、地域に貢献できる「海洋高校の開発力と魅力」を活かした学校づくり
  • 5 教育活動の積極的な情報発信及び中学校等への全国的PR・募集活動
  • 6 部活動の充実及び水産・海洋系各種大会への積極的参加

U 学校の目標を実現するために必要な教師像

  • 1 教育活動全体をとおして生徒の成長を願い、保護者と連携を図り誠心誠意行動し、生徒の行動を見通せる教師
  • 2 生徒が社会の変化に主体的に対応し先進的な学問への挑戦ができる学習指導及び資格取得のために努力を惜しまず、専門的な研究・研修に励む教師
  • 3 個々の目標設定が学校としての組織力を高めることにつながり、他の教職員と積極的に協働できる教師

V オンリーワンスクールの取組

        国、県事業の推進を図り、特色ある教育推進のための教育カリキュラム等の開発・実証
            〜国内屈指の施設設備を活用した「強いプロフェッショナル意識」の醸成〜
                 〜地域の産業を支える人材の育成による地域ブランド化〜

  • 1 地域・同窓会と連携し、発展的な研究や製品開発などを行う「産学官連携事業」に取り組み、より高度な知識と技術を習得し、6次産業化にかなう人材育成を行う。
  • 2 HACCP(衛生管理システム)、ハラール認証など食品に関する高度な認証をもと にした先進的な学習を行い、「地域産業に活かすまちづくり」に貢献する。

W 育てる海洋高校生・・・発揮する学習の推進

             グローバル教育の実践をとおした 課題解決能力=「人間力」の育成

1 国際的な視野を持ち、地域が直面する課題に対して、幅広い視点から解決できる能力と態度を育成
2 専門家と連携した実践から、自己の能力を発揮し社会に貢献できる能力を育成



海洋・水産人材育成事業


専修学校による地域産業中核的人材養成事業
〜 産学官連携による地方創生を担う海洋・水産人材育成事業 〜



本校は平成28年度に文部科学省より採択を受け、「産学官連携による地方創生を担う海洋・水産人材育成事業」に取り組んでいます。


事業の目的

  • 地方創生に貢献できる人材の育成
  • グローバルな視点で地域の問題を発見・解決できる、企画力および情報活用力を備えた人材の育成を目指します。また、それにより、糸魚川市の地域経済の活性化、交流人口の拡大、雇用の拡大に貢献します。

  • 産学官連携による教育プログラムの実践
  • これまでの取組みで培ってきたノウハウを活かし、本校を中心に、行政機関(糸魚川市、上越市、新潟県など)、教育機関、産業機関と連携して、上記の人材を育成するための教育プログラムを開発し、それを実践します。



開発する教育プログラムの内容

  • 新潟ブランド養殖事業に関する学習 ≪銀ザケ≫
    〜最新養殖栽培技術を駆使した資源管理者の育成プログラム〜
  • 銀ザケの中間育成およびブランド化をテーマに、新潟県における養殖産業の構築に産学が連携し、新潟県の「養殖産業おこし」を行います。国内研修、海外研修をとおして、企業ニーズに合わせた人材育成を図り、糸魚川市が県内養殖産業の中心地となることを目指します。

  • 世界ジオパーク戦略に関する学習 ≪アユ≫
    〜地域ブランド漁業を担う中核人材の育成プログラム〜
  • 能生川のアユの資源増大をテーマに、交流人口の拡大や能生川アユのブランド化を推進し、新しい時代の地域産業の担い手を育成します。大学、漁協、行政と連携したフィールドワーク(生態調査、環境調査、河川基盤調査など)を実施し、生徒による資源増大のための河川環境の改善・整備事業への提案を行います。

  • 飼育、テーマパークの運営に関する学習 ≪水族館≫
    〜上越市水族博物館との連携学習プログラム〜
  • 当該分野において世界屈指の技術力・企画力を持つ上越市水族館の指定管理者である八景島シーパラダイスおよび大学情報研究センターと協働・連携した学習をとおして、ICT活用を充実し、企画力、外国語の活用力を向上させます。



平成28年度報告書



平成29年度計画書

平成29年度計画書


平成29年度実施工程表

平成29年度実施工程表

沿革

創立当時の授業風景
旧校舎に人文字
カッター実習
昔の缶詰実習

明治

31年

 新潟県西頸城郡能生町立尋常高等小学校にて同校訓導兼学校長片田久冶郎が水産に関する授業開始

32年

 能生町立能生水産補修学校開始

35年

 能生尋常高等小学校に学舎新築・移転

37年

 西頸城郡立能生水産補修学校と改称

38年

 西頸城郡立能生水産学校と改称

39年

 漁労・製造・養殖の3学科設置、修業年限3ヵ年

41年

 新潟県立能生水産学校と改称、現在地(井ノ上)に校舎・寄宿舎建設移転

44年

 新潟鉄工所において西洋型帆船白山丸(初代)(20t)の竣工式挙行

 

大正

 7年

 日本型練習船頸城丸(初代)(5t)の進水式挙行

 9年

 生徒定員120名に増員

12年

 生徒定員150名に増員、寄宿舎増築。
 新潟鉄工所において実習船白山丸(二代目) (20t)の竣工式挙行

13年

 生徒定員160名に増員。創立25周年記念式挙式

14年

 本年4月より修業年限5ヵ年に変更

 

昭和

 4年

 創立30周年記念式挙行

 9年

 創立35周年記念式並びに慰霊祭挙行

11年

 練習船白山丸(三代目)(43t)竣工式挙行

15年

 創立40周年記念式並びに慰霊祭挙行

23年

 新制高等学校の発足に伴い、新潟県立能生水産高等学校と改称、 漁業・水産製造・水産増殖の3科を置く
 定時制の授業開始、 中心校・能生谷分校及び名立分校に普通科を設置
 昭和24年 創立50周年記念式並びに新講堂落成の式典を挙行

25年

 練習船井陵丸(62t)竣工式挙行

28年

 定時制中心校普通科から水産製造科に変更

31年

 大型練習船越山丸(初代)(152t)進水式挙行

32年

 專攻科漁業科設置

34年

 創立60周年記念式挙行

38年

 相撲道場建築、池田記念道場と命名

38年

 第2頚城丸(5t)の進水式挙行

41年

 定時制中心校募集停止。全日制水産製造科1学級増

43年

 実習船越山丸(二代目)(404t)竣工

47年

 創立70周年記念式挙行。全日制機関科設置、定員30名
 漁業科(定員40名を30名に)、水産増殖科(定員20名を30名に)、 水産製造科を食品化学科に改名

48年

 実習船頸城丸(二代目)(14.81t)進水。普通教室棟落成、現校舎に移転

49年

 体育館、機関科実習棟落成

50年

 管理棟落成。食品化学科実習棟、くん乾棟落成

55年

 実習船越山丸(三代目)(437t)進水式挙行

56年

 寄宿舎鴎雛寮落成

58年

 特別教室棟落成

59年

 池田記念道場(相撲)移転落成

60年

 専攻科漁業科募集停止

61年

 第二体育館落成

63年

 グランド改修工事完成竣工。創立90周年記念式挙行。名立分校閉校

 

平成

 元年

 中庭造園完成

 3年

 能生谷分校閉校。食品化学科1学級減

 5年

 「新潟県立海洋高等学校」と改称
 従来の学科を廃止し、新たに、海洋科学科、 食品科学科、海洋工学科の3学科設置

 6年

 小型漁業実習船「くびき」(19t)竣工。潜水実習プール竣工

 7年

 漁業実習船「海洋丸」(299t)竣工

 8年

 栽培漁業臨海実習棟竣工

 9年

 艇庫・作業棟竣工。海洋工学科350psディーゼルエンジン及び監視装置設置

10年

 中国と国際交流開始 受水槽改修 大体育館大規模改修 創立100周年記念式挙行

11年

 マリンミュージアム「海洋」竣工

12年

 中華人民共和国山東省水産学校と姉妹校提携に調印

14年

 寄宿舎「鴎雛寮」増築工事完成竣工

20年

 文部科学省「目指せスペシャリスト」事業採択。創立110周年記念式挙行。通学路「井陵の道」竣工

22年

 文部科学省「目指せスペシャリスト」事業 全国発表会開催

24年

 「オンリーワンスクール・ステップアップ」事業採択

25年

 HACCP認定(社団法人 大日本水産会)

27年

 従来の学科廃止、水産科一括募集(水産資源科、海洋開発科の2学科設置)

   「オンリーワンスクール新潟未来プロジェクト」事業採択
   寄宿舎「鴎雛寮」大規模改修工事竣工

28年

 地方創生加速化交付金事業「高校生の力を地域産業に活かすまちづくりプロジェクト」事業採択

   文部科学省「成長分野等における中核的専門人材養成等の戦略的推進」事業採択
   第一体育館大規模耐震改修工事竣工

校歌・応援歌

  • 校歌はこちらをご覧ください(PDF)
  • 応援歌はこちらをご覧ください(PDF)

制服

男子は、海洋高校らしさを表現する凛々しい濃紺の詰襟。肩部分に校訓を表現する3本のステッチがポイントです。女子は、かわいらしいブレザースタイル。さわやかで明るいチェック柄がポイントです。

冬服の生地にはご家庭で洗える、しわになりにくく撥水性とストレッチ性をそなえる高機能素材を用いました。また、夏服シャツは、通気性・吸汗速乾性に優れた素材を使っています。クリーニング代を軽減できるだけではなく、旧制服と比較して約30%のプライスダウンを実現しています。

 

学校自己評価

  • 学校自己評価(PDF)

学校意識調査

  • 学校意識調査(PDF)

年間行事予定表

  • 年間行事予定表(PDF)