学校案内

校長メッセージ

校長 椎谷 一幸
 本校のホームページにアクセスしていただきまして誠にありがとうございます。このホームページは、本校の特色や教育内容、生徒の学校生活などを広く皆様に知っていただくことや、海洋高校を志望する中学生に少しでも役立つことを目的に開設しております。

 本校の歴史は、明治31年(1898年)に地域の熱い期待を担って地元の尋常高等小学校で「水産」の授業が開始されたことにさかのぼり、明治32年に「能生町立水産補習学校」として開校しました。そして、平成5年に「新潟県立能生水産高等学校」から「新潟県立海洋高等学校」へと校名を改称して大きく生まれ変わりました。開校以来、不断前進の気概をもって国や県からの事業採択を受けながら学習環境整備を進め、校訓の「質実剛健」「進取力行」「水産報国」の具現化を教育方針とし、「地方創生に挑戦する学校」として、今年創立120年を迎えます。

 現在、本校生徒は水産科として入学して広く水産・海洋に関する学習をした後、2年生から水産資源科(資源育成コース、食品科学コース)、海洋開発科(海洋技術コース、海洋創造コース)の2学科4コースで高度な学習に挑んでいます。実習船「海洋丸」「くびき」、潜水プール棟、臨海栽培実習棟、食品科学実習棟、海洋工学実習棟など国内屈指の恵まれた施設設備を有し、タブレット端末を活用して情報化社会にかなうICT教育にも力を入れています。

 また、本校生徒による地域水産資源を活用した水産加工販売業「シーフードカンパニー能水商店」では、今日的な食品産業の実際を学ぶために海外にて販路を開拓中であり、グローバル教育の実践をとおして、高校生が地域活性化に貢献し、産業界に革新を起こすことができるプロフェッショナルとなるべく学習をしています。

 今後とも、地域に愛され地域に貢献する学校づくりを推進し、生徒から「海洋高校で学んでよかった」と言われる学校づくりを目指していきますので、一層のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

PTA会長メッセージ

PTA会長 浅野 健志
 昨年度に引き続き、今年度も会長をさせていただくことになりました浅野と申します。どうぞよろしくお願いいたします。一年間、会長としてPTAに携わって参りましたが、もう一年間の大役を仰せつかり決意を新たにしているところです。

 昨年度、本校は海洋立国推進功労者表彰で、地域振興部門において内閣総理大臣賞を受賞しました。今年度は、その評価を受け、PTAとして新潟県、北信越の全国PTA連合会の各総会で、代表として発表することになっています。

 学校は、昨年度までの活躍を途切らすことなく、今年度はさらに知恵と行動でパワーアップして目標に向かっています。PTAとしても学校と手を取り合って、その活動をバックアップして参りたいと思っております。

 それぞれ私たち保護者ができることとして、一番身近なところから始めてください。それにはまず、子供たちに関わりましょう。年頃ですからうるさがられたり、煙たがられたりしますが、そこは押したり引いたり・・・でいきましょう。

 学校での子供たちの様子をうかがうことは、簡単なようで難しいです。でも、とにかく関わることが大事です。本校は親元を離れて暮らしている生徒が多く、なかなか関わることができないのが現実ですが、子供たちの得意とするスマホを最大限駆使して関わってみてはどうでしょう。そのためにも、学校の様子を発信する「航海日誌」をさらに充実させるべく、PTAとしても協力していきたいと考えています。

 そして、行事の参加もお願いしたいと思います。開かれた学校ですから、気軽な気持ちで様子を見に行ってください。

 より良いPTA活動を行うために、保護者の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

校訓

校訓
質実剛健 飾り気がなくまじめで、心やからだが強くたくましいこと。
進取力行 みずから進んで積極的に新しい事をなし、精一杯努力して取り組むこと。
水産報国 水産・海洋関連の仕事を通じ、我が国及び国際社会に貢献すること。

教育目標

人間として調和のとれた育成をめざし、
一般的な教養を高め個性を生かす教育の充実に努め、
社会の変化に主体的に対応できる能力を育て、
正しい職業観、勤労観を育成する。

特色ある学校づくり

地域産業中核的人材育成事業(平成28年度報告書)

ハイスクールガイド

いじめ防止基本方針

学校自己評価

学校意識調査

学校の部活動に係る活動方針

年間行事予定

校歌

校歌

沿革